QA・フローを検索する

キーワード入力後[Enter]キーを押すと、検索が実行されます

お知らせ Forums Q&A アクション 分岐 特定の条件の場合に処理をスキップする方法について 返信先: 特定の条件の場合に処理をスキップする方法について

  • Trillion

    メンバー
    2023年3月10日 at 1:42 PM

    「if」アクションと「次のループ」アクションでスキップができると思います。

    「For each」アクションは、指定したテーブル型データを、上から順に1行ずつデータとして取り出し、リスト型データとしてCurrentItemの変数に格納します。

    そのリスト型のデータに基づき、「For each」で囲んであるアクション(Webシステムに入力する)が実行されるようなフローである場合は、
    その部分が実行される前に「if」文で下記のような設定を行うことでスキップできます。

    ———————————-
    パラメーターの選択

    最初のオペランド:%CurrentItem[‘登録状況’]%
    演算子:と等しい(=)

    2番目のオペランド:登録済み

    次のアクションで「次のループ」を設定し、「End」アクションで閉じます。
    ※条件に当てはまる場合は、「次のループ」アクションで強制的にスキップされ、次のデータの処理に移行します。

    ———————————-
    上記の場合、「Excelワークシートから読み取る」アクションでテーブル型データを取得する際、詳細の「範囲の最初の行に列名が含まれています」がONである必要があります。

    なお、列名は番号でも指定できるので、登録状況の列が5列目であれば、%CurrentItem[4]%と設定することもできます。

    ご参考になれば幸いです。